金運がある人とない人って本当か

信じがたい気がする

あちこちで、金運を上げる方法、という記事を目にします。それだけ多くの人が、自分の金運を上げたいと考えているということです。例えば、風水の西に黄色は有名です。黄色は秋の実りをイメージする色であり、太陽が沈む西の方角のインテリアを黄色にすることで、自分の家の実りの運気が上がると言う事です。また、財布に入れるお札は、上下逆さまに入れるとお札が逃げないという話があります。これとは反対に、上下を正しく入れた方が、お札は居心地が良いので、逃げないという説もあります。しかし、これらの話は少し信じがたい気がします。金運を上げる方法を否定する訳では無いのですが、これらの話の真意は、家をきれいに保つことや、お金を丁寧に扱う事の大切さにあると考えられます。金運が有るか無いかは、その人が、普段の生活をきちんとしていたり、お金を大切に扱っている事とつながっていると言う訳です。 一番手堅く金運を上げるためには、まずは金利の良い金融機関を探し、定期預金にでもすることです。今は、インターネット専用銀行という金融機関があります。金利が高い銀行や、手数料を安くしている銀行など、それぞれ個性があります。こういう時に、面倒くさがらずに調べたり、口座を作ったりすることが、金運を良くする第一歩です。