金運がある人とない人って本当か

運勢だからこそ、運命なのかと思ってしまう

この世の中には、運勢という言葉と運命という言葉があります。よく似た漢字で同じように見えますが、意味が全く違うのです。運勢というのは、未来を予測したり自分の物語を作っていく上での大事なヒントとなったりします。代表的なものが、手相や占いなのです。逆に運命というのは、そういう巡り合わせで変えることのできない現実で、未来から約束されたことを言います。女の子がこれって運命かもしれないと言うのは、変えることのできない現実と言い聞かせているのでしょう。 それでは、運勢だからこそ運命かもしれないと思ってしまうのはよくないことなのでしょうか?それは、私の見解からすれば手相や占いを利用して、運命により近づけることができるのでしょう。だから、占いなどで金運を見たりしますが、運命に近づけようとするならば、金融機関を増やしたり金融のお勉強をすることが良いのでしょう。 ですから、私の見解からすれば、運命というものは現実に存在しているのでしょう。しかし、運命に近づけようと努力することも同じく存在しているのです。だからこそ、自分の物語を作ることは自分の努力次第なのでしょう。