金運がある人とない人って本当か

金運はそもそも生まれ持ったもの?

金運は生まれ持ったものであるという考え方があります。こうした考え方に基づくと金融などでももともと金運が強い人にお金がまわってくるということになります。金運が実際にあるかどうかはわかりませんが、どのような家庭に生まれたかによって、お金に不自由ない暮らしができたりお金に苦労して生活することがあります。運良く裕福な家庭に生まれたような人は、それだけで金銭運も恵まれているということができます。親に多くの資産があるのならば、教育などにもお金をかけてもらうことができます。学校なども授業料が高い私立の学校などに通わせてもらえることも多いので、より恵まれた環境で教育を受けることができます。また学校の他にもさらに高額な授業料を必要とするような学習塾にも通わせてもらえるために、より良い場所で勉強をする機会にも多く恵まれることになります。そのようにして良い環境に恵まれて良い学校に入学できれば、将来多くの収入を得ることができるような仕事に恵まれるような機会も増えてきます。そうしたことを考えれば、どのような家庭に生まれたのかという運により、お金に不自由の無い生活を送れる可能性も高くなる場合も確実にあるといえます。また家庭によっては就職なども親の力により簡単にできる場合もあります。この場合は努力をしなくても楽に収入の良い仕事につくことができるので、別の意味で金銭運があるといえます。またお金が必要になって金融会社などに融資を依頼する場合でも、運良く資産のある家庭で育った場合には、親の資産を担保にして金融会社から資金を得ることもできるため、そうしたことも金銭運の良さといえます。その他にも親の信用を利用して金融会社から金銭を融資してもらうことができることもあるため、誰の子供かという運によってお金の巡りも大きく変わることが少なからずあります。現在の日本ではそうした社会の固定化により、人々の生活意欲が減少していることが社会的な問題として取りあげられることがあります。