金運がある人とない人って本当か

顔に出ているらしい

金運がある人というものは本当に存在するのでしょうか。基本的には自らの努力や節約によって、お金を手にすることが圧倒的に多いのですが、それ以外にも思わぬ幸運によって大金を手にするケースも存在します。それらを総じて金運と呼んだりするのですが、見た目からその金運がある人とない人の判断はできるのでしょうか。 宝くじが当たったり、競馬などのギャンブルで大金を得ることができる人というものはあまり外見からは判断できないかもしれません。しかし、投資などで大きく儲けることができる人は見た目で判断できるかもしれません。金融機関にお勤めの方がいらっしゃいましたならば、たくさんの社長さんや個人投資家の方とお会いしたことがあるのではないでしょうか。それらの方々の顔を見ていると、何となくこの人は成功する、しないというのがわかります。それを金運という言葉で片付けてよいのかどうかは微妙なところですが、少なくとも成功してお金を得ることができる人というものは顔に出るものなのです。 顔のつくりの問題ではありません。表情や態度に自信が表れているタイプの方は、大きく成功しやすい金運のある方であるといえます。逆に少し弱気で自信なさげな方は大きな成功は収めることができないように思われます。 一概にすべてがそうだと言い切ることはできませんが、金融商品で大きな成功を収める方は、たいてい自分の考え方をしっかり持っており、それに自信を持っています。ですから、それが顔に出るので先ほど述べたような自信が表れた表情になるのです。 金融商品で成功することはとても難しいものです。毎日相場と格闘して、自分なりの売り時、買い時を判断していかなければなりません。周りに流されていると、成功を収めることはできないのです。金融の世界に限ったことではなく、他のジャンルにおいても同じことが言えるのでしょうが、何かを引き寄せるのはそれに対して自信をもって取り組んでいる人であることは間違いないでしょう。